JADECOバッテリー性能レビュー

代官山Terrace ブログより 2014年3月27日記事》

代官山Terrace (http://dkymt.jp) はJadeco社製品本総輸入元(株)パシフィック・クロスボーダーの公式ショップです。この記事は、Jadeco社製品の正式取扱いに先行して代官山Terraceでテスト販売した際に書かれた製品紹介記事です。文中ではバッテリー容量が2,700mAhとなっておりますが、現在は3,000mAhに約10%容量アップした商品を販売しております。

以前、JADECO Sulanバッテリータグをご紹介させていただいた際、いざという緊急時のために、普段はかばんやバッグに付けっ放しにする使い方をご提案いたしました。

でも心配なのはバッテリーの自然放電ですよね。しばらくかばんに付けっ放しにしたあと、いよいよ使わないといけない局面が到来した時、肝心の充電をしなかったら目も当てられません。

そこで、実験しました。用意したものは、充電後1ヶ月放置したSulanバッテリータグ、シャープのドコモ向けアンドロイド機、SH-06E Aquos Phone、そしてストップウォッチがわりに古いiPhoneです。SH-06Eは2,600mAhの大容量バッテリーを積むマシンですが、2,700mAhの容量はあるものの1ヶ月も放置してしまったSulanは果たしてアンドロイドを充電できるのでしょうか?
P1230237

まずはスマホのバッテリーをからからにしました。
Aquos Phoneは残量1%表示になってからもしばらくの間はしぶとくがんばりましたが、この後無事電池切れしてシャットダウンしました。
P1230210
JADECO Sulan を Aquos Phone に刺して充電開始します。
P1230247 P1230256
スマホ本体のインジケーターが赤く点灯したので、充電開始していることが確認できました。
P1230264
1時間経過しました。
JADECO Sulan 本体はほんのりとだけ温かくなっていて、熱いほどではありません。レザーの断熱効果もあると思われます。
P1230289 P1230299
2時間経過したところで、JADECO Sulan のバッテリーがなくなりました。
スマホ本体を Sulan から外して、起動してみます。さて、どれくらい充電できたでしょうか?
P1230320P1230332
0% → 73%まで充電しました。
この結果には正直びっくりしました。1ヶ月放置しても大幅な自然放電はなかったようです。
さすがにAquos Phoneの2,600mAhの電池を満充電はしませんでしたが、この結果だと、同じ実験をもしiPhoneでやったとしたら満充電していた可能性が高いと思われます(iPhone5Sの充電池は1,600mAh未満と言われているため)。

2014年4月1日追記: iPhoneへの充電性能も試してみました。用意したものはフル充電したJADECO Sulan、バッテリー0%のiPhone 4二つ(iPhone5/5Sは用意できませんでした、ごめんなさい)。結果は、JADECO SulanはiPhone 4を1.4回分充電しました

結果(1): 一台目のiPhone 4は無事100%充電されました。

結果(2): そのまま二台目のiPhone 4にJADECO Sulanをつないで充電を継続したところ、41%まで充電しました。】

P1230347

1ヶ月放置ものの JADECO Gillan バッテリーポーチもあったので、継ぎ足し充電性能も実験してみました。

P1230370

充電中…。
P1230378
30分経過した時点で、73% → 88%まで15%充電量が増えました。
P1230400
以上、JADECO のバッテリー性能の実験でした。(なお、本記事は参考情報であり、JADECO社の製品の品質や性能を保証するものではありません。)

【JADECO 】Sulån Battery Tag 5,130円–7,830円(税込)

ご購入はこちら sulan_1200x1200_02

【JADECO 】Gillan Battery Pouch 6,210円–9,990円(税込)

ご購入はこちら gillan_1200x1200